オリジナルTシャツ、完成しました。

 

大変お待たせいたしました。
4月から公募しておりました「gossipオリジナルTシャツデザイン求む。」。
http://gossip-cafe.com/archives/2069

ついに、現物ができあがりましたので、みなさまにご報告いたします。


デザインしてくれたのは、最優秀賞受賞の本木亮太さん。
モチーフは、なんと「手話」です。



「gossip」の単語自体には「ゴシップ、噂、うわさ話、おしゃべり」の意味があります。ゴシップ記事やウワサとかって実際にべらべら言うには後ろめたいきもちがついて回ったりしますよね。そういったとき、ジェスチャーというのは便利なものです。
本木さんは、デザインテーマであった1つ目の「gossipのTシャツだと分かること」を、手話というだれでも覚えればできるツールで表現し、2つ目の「老若男女問わず着れるデザインであること」のとおり、gossipの6文字を、それぞれ老若男女の手で表したものをデッサンしたうえで、デザインしてくれたのです。

ピースサインのように気軽にできるジェスチャーを手話に置き換えて「gossip」をデザインしてくれた本木さん。すごく素敵な発想だと思います。本当にありがとうございました。




さて、気になるTシャツの販売ですが、さっそく本日より1枚3000円(税込)でお買い求め頂けます。
gossipは多様性を大切にしているお店なので、カラーは全8色で展開。
サイズもXS、S、M、L、XLと幅広~〜〜くご用意させて頂きました。
もし、遠方でなかなか当店に来られない方も、宅急便(※着払い)でお送りするかたちでのご購入も承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。




かつ、ゲイカルチャーカフェであるgossip、やはりLGBTレインボーを避けては通れません!笑 数着分ではありますが、特別カラーもご用意させて頂きました。



これは、ちょっとステキな余談なのですが、実は偶然にも発注した翌日、手話で日常的に会話をされるお客さまが来店したうえ、納品日には手話の通訳をお仕事にされているお客さまが来店したのです。gossipでは手話でお話しされるお客さま自体が初めてなのですが、偶然にも手話Tシャツ制作期間中のご来店だったので、不思議な引力を感じてしまいました。

願わくば、表参道はもちろんほかの街中で、このTシャツを着てる人に遭遇して思わず、「アレ!?あなたもしかして‥」なんて、互いに微笑まずにはいられない場面が生まれたらなぁ、なんて期待しちゃいます。

多くのみなさまのご協力で実現することができたこの企画。
みなさんに手に取ってもらい、気に入って頂けたら嬉しいです。



yacco