ニュースレターのコラムより。

8月3日に配信した “gossipニュースレター” のコラムでは、gossipでの私の考えを書きました。
以下、コラムの部分だけを転載します。

On the last “gossip NewsLetter” delivered on 3rd Aug, i wrote a column about how I/we want “gossip” to be. Here is the copy from the NL.

NLのコラムは英訳をつけて、そしてニュースレターは配信後、プリントして店内のメニュー板にはさんで、多くの方々に読んでいただきたいと思っています。
———————————–

【 コラム gossip staff / column 】

『安心できる場所』

レインボーフラッグ(”LGBTの尊厳と 社会運動を象徴する旗”wiki、通常6色)を外から見える場所に掲げないのかと、あるお客さまから聞かれました。『gossip』がゲイ・フレンドリーな(”LGBT対して開かれ、また温かく迎え入れる状態にあることを意味する言葉”wiki)店であることが、特に外国からのお客さまに対して分かりやすくなる、という意味で。


今は2代目を探し中なのでお休みしていますが、レインボー色の風車は外の看板に設置をしていました(名前は弥七)。ですが、高々とフラッグを掲げているわけではありません。フラッグを目印に来店してくださる方はきっといると思いますが、同時に、フラッグがある場所には行きづらいと思う方も、特にLGBT当事者で、いるのではないかと感じることが理由のひとつです。

当事者であることを公言している人たち、公言はしなくても聞かれたら隠さない人たち、親しい知人以外には知られたくない人たち、誰にも知られたくないひとたち。『多様性』という言葉はLGBTコミュニティ内部でもキーワードだと思っています。多くの人に『gossip = 安心して行ける場所』として覚えていただき、実際店に来たときにそれを確信されるように。

少し前に『gossip』が会場のイベントに参加したあるお客さまは、以前何度か店でお会いし話したことがある方でした。イベント終了後に少しだけ話をしたときに『こういうイベントに1人で参加するのは初めてで、最初はどうしようかと思ったけれど、場所が『gossip』だし、なんかあってもスタッフの人がいるから、って思って。』と伝えてくれました。

別の、お客さまであり友人である方と話したときは「開店時にここ (“gossip”) のサイトを見て、ここは自分が “行っていい場所” だと思った。」と教えてくれました。

本当に本当にうれしいことです。(しかし、うちのお客さんは “伝え上手” な方が多いです。)そんなとてもうれしいことが続いたので、今回は『安心できること』について書きました。では、次回もお楽しみに!(RT)

『Reassuring Place』

One day one customer asked me if “gossip” considers placing Rainbow flag hanging from the window, to show that “gossip” is a gay-friendly place, especially to the foreign tourist/customers.

We used to place Rainbow Wind Mill on our sign (named Yashichi, currently looking for the 2nd one) but other than Rainbow week in May, we have Rainbow flag or goods only inside “gossip”. I am sure that it will be a good mark for anybody who is aware of the meaning of the Rainbow flag, but at the same time i feel that there may be people who prefers to avoid reaching anything relates LGBT in public, especially who is LGBT themselves.

There are people who is openly out, people who is not openly out but does not hide it when asked, people who only want their close friends to know about it, and people who want to be closed to anybody. I feel that “diversity” is an important keyword also within LGBT community. We want people to know that “gossip as reassuring place”, and feel it when they actually visit here. That is one of our goal.

A little ago, one customer who participated an event told me that “This was my first time to participate this kind of event by myself. I was a bit nervous and was not sure if i will feel comfortable there. But i decided to come, because the place is “gossip”, so at least there will be someone i know.”

Other customer, also a friend, told me that “I felt this is the place where i can be/stay, when I saw the website of “gossip” a few years ago”

We are so so so happy to have those feedbacks directly from the customers, and that is why i wanted to write about “Reassuring Place” this time.
Thank you and see you next time. (RT)