日産に質問してみました。

The Human Rights Campaign (HRC) という米国の団体が、毎年 The Corporate Equality Index (CEI) という指数を発表しています。”Rating American Workplaces on Lesbian, Gay, Bisexual and Transgender Equality” とあるように、CEIは、セクシャルマイノリティ(LGBT)の従業員に対する、企業の方針や姿勢が平等かつ適切であるかどうかを知る指標で、質問項目はとても細かく分かれています。

300を越す “スコア100” のリストには、Nissan North America Inc.、Sony Electronics Inc.、Sony Pictures Entertainment Inc.、Toyota Financial Services、Toyota Motor Sales USA Inc.など、日産、ソニー、トヨタの名前を見る事ができます。

なかでも北米日産のスコア100は、2年前の70からの大幅改善で注目を浴びており、北米日産のオフィシャルサイトでも “Nissan is Among Fastest Risers on Human Rights Campaign Corporate Equality Index – Nissan Online Newsroom” とレポートしており、同時に “Nissan’s LGBT affinity group, the Gay-Straight Alliance at Nissan (GSAN)  “というグループの活動も紹介しています。(NISSANのGSAN !)

最初に買った車が日産車だった私としてはたいへん嬉しく、本社日本ではGSANの活動も含め、どのような取り組みをしているのか気になったので、日産自動車公式twitterで質問してみました。

日産本社から返信がありましたら、またこちらでご報告します。

<1月8日の日産本社への質問twitter>

Jan 08, 1:14am
@NissanJP ご担当者様へ。以下の北米でのニュース、おめでとうございます。日本本社での “GSAN” の活動推進やLGBTへの取り組みについて興味があり、資料などありましたらお願いします。Nissan USA Newsroom http://nissannews.com/en-US/nissan/usa/releases/nissan-is-among-fastest-risers-on-human-rights-campaign-corporate-equality-index

 

参考資料:

Nissan is Among Fastest Risers on Human Rights Campaign Corporate Equality Index – Nissan Online Newsroom
http://nissannews.com/en-US/nissan/usa/releases/nissan-is-among-fastest-risers-on-human-rights-campaign-corporate-equality-index

Corporate Equality Index: About the Survey | Resources | Human Rights Campaign
http://www.hrc.org/resources/entry/corporate-equality-index-about-the-survey

2013年のフルバージョンのレポートファイルへのリンク。

ウォールストリートジャーナルの記事のリンク。
WSJ.com – Nissan Is Among Fastest Risers On Human Rights Campaign Corporate Equality Index http://on.wsj.com/1cYFwyB