blog 「今だけでなく、これからの人たちのための制度を」

MarriageEquality

* English text added on 20Feb2015
“The system for the future – if you wonder how many people will apply for the certification.”

東京都渋谷区が同性のカップルを「結婚に相当する関係」と認める条例の制定を目指すことに、東京都世田谷区やその他の区も検討を始めているという、いいニュースが続いています。

そして、神奈川県横浜市の林文子市長は会見で、『とてもいいこと。どういう形での支援が望ましいか、課題を整理するよう(担当に)指示した』と明らかにし、「市長が指示」もどんどん広まっていってほしいと感じています。

この件に関してお客さまやいろいろな方たちと話すとき、話題に出るのは『では、実際に”証明書”を申請する人がどれくらいいるのか。』です。

「そんなにいないんじゃないの」「したいけどできる人は限られるのでは」「すでにカップル同士で養子縁組などして生活している人たちも多くいるはず。変更したほうがいいのか、変更できるのか。」

制度が整っても、現実にはアメリカでみるように、この時を待っていた人たちが役所に行列をしたり、一年経ったときの申請数がこれしかなかった、なーんだ、となる可能性も、なくはないでしょう。

でも。 制度は「今、この時を待っていた」人たちだけのためではないのですよね。(当たりまえ。)

今、シングルの人たち、そしてこれからオトナになるヤングたち、そして、これから生まれてくる子どものためにも、「将来の心配をしなくていい」「将来はあるんだよ」という強いメッセージになるからです。

「他の人たちがしていることをしたい」と思った人が「問題なくできる」こと、それが大切だと思います。

– In English –
As you may have heard, next month Tokyo’s Shibuya Ward plans vote on issuing “its own certificates to same-sex couples and recognize them as partners that are “equivalent” to those that are married under the law.” and if passed, it will take force from 1 April 2015.
At the same time Tokyo’s Setagaya Ward, the most-populous ward in Tokyo, and Yokohama-city are reported to have same kind of plans.

This has been the hot and encouraging topic and we are looking forward the good news not only from Shibuya and Yokohama, but from other parts of Japan.

Now you may think like this.
“but how many people will actually apply for the certificate in Japan??” “Are we going to see many couples waiting in line as we saw in other countries?” “Hope there are certain numbers of applications at least in the first year, so that we do not face negative reaction with “see?” face. ”

Maybe the number is small, and maybe not.

The system should be prepared not only for people who are ready to take advantage at this point. It should consider anybody who may need it in near or far future, it should even consider unborn child.

Some systems are not used by each one of us, as we all know. Some people use some systems, and some even don’t know the existence of some systems.

Do we need to have special reason to have the same rights that others already have?
I simply think NO, and hope you feel the same way.