web gossip 新聞 第8号

毎月1日に配信をしている「web gossip 新聞」の先月号を転載します。
このようなニュースレター(無料メルマガ)を毎月配信しています。
ご登録をお待ちしています! http://gossip-cafe.com/mag

───────────────────────────────────

web gossip 新聞 第8号~2017年5月1日配信

───────────────────────────────────
● ご挨拶 ●

『青空に花咲く色の溢れ出る』
限界に近い短さの言葉で、季節と五感を表現する俳句が好きです。季語も無しの自称「自由律俳句」を投稿することが多いですが、読むなら伝統的なホトトギスか、やはり尾崎放哉です。 季節の変わり目にぜひ一句ひねってみてください。
───────────────────────────────────
● お知らせ ●

5月7日に開催される東京レインボープライドのパレード。 今年はgossipとして、一刻も早い同性婚法制化を求めるメッセージを掲げて歩きます。
私たち自身のために、周りの人のために、そして将来の誰かのために、」セクシャリティも年代も関係なく、賛同してくださるあらゆる方たちも一緒に歩きたいと思っています。
たくさんのご参加を心よりお待ちしています!

詳細は: 『同性婚法制化を求めて、一緒に歩きましょう!Marriage Equality Walk on TRP』
https://www.facebook.com/events/435586020115248/

公式サイトでの紹介ページ http://tokyorainbowpride.com/about-trp2017/parade-festa/float#05

───────────────────────────────────
● 行ってきました ●

アムネスティ カフェ&バー「台湾の人権課題について学ぼう!~同性婚、死刑、国内人権機関~」 に参加をしてきました。 後半のグループトークでは同性婚がテーマになり、発言することの大切さを感じてきました。 自分の意見を述べずとも、質問したり確認したり。言葉にされたことが人の耳に入り、短い時間だとしても一旦は記憶されるのですから。
http://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/0407_6705.html

<gossip営業中は、なかなか足を運ぶことができなかったイベントに積極的に参加をしています。やはり『現場に力あり』。 参加したイベントの感想文や写真をブログ・SNSにあげていますので、ぜひご覧ください。>

ブログ: http://gossip-cafe.com/
Facebook: https://www.facebook.com/gossipTokyo/
Twitter: https://twitter.com/gossipTokyo
───────────────────────────────────

● 4月ニュースのまとめ ● News ● .

<教育> 早稲田大学が4月から性的少数者(LGBT)が安心して学生生活を送れる環境の整備。多目的トイレを「だれでもトイレ」と改称してLGBTの学生が気軽に利用しやすくしたほか、教員には性別を問わず学生を「さん」付けで呼ぶように指導、相談窓口も設置。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H5B_Y7A400C1CC0000/

<社会>4月10日の日本の女性の地位向上のために様々な活動が行われてきた「女性の日」を記念し、『ワンダーウーマン』から日本に向けた特別メッセージ映像。 http://dramanavi.net/staff/2017/04/034550.php

<経済> Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)「もし、このままSTEM(科学・技術・工学・数学)分野で女性の存在感が低いならば、イノベーションの多くがアメリカで生まれることはないだろう」

クックCEO「ジェンダーの不均衡がテクノロジー業界の未来を暗くしている」

<社会> ノーベル平和賞受賞者の女性教育活動家マララ・ユスフザイさん(19)が10日、国連平和大使に任命された。史上最年少の国連平和大使として、今後、女子教育の推進に取り組む
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041100270&g=int

<社会> 署名 「刑法性犯罪を「テロ等準備罪」より先に審議して、一人でも多くの被害者を守れる社会に!!」
http://ow.ly/SiuU30bioSP

<社会> 著名な世界的なアーティストで活動家でもあるアリシア・キーズさんとカナダの先住民の権利運動が、アムネスティ国際賞のトップ賞を受賞
http://www.amnesty.or.jp/news/2017/0413_6753.html

<経済> 日産自動車日産、女性管理職比率10%超え ゴーン会長がダイバーシティ重視。 輸送用機器製造業の平均値1.3%を大きく上回る。
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20170415/Jcast_kaisha_295667.html

<経済> 「リーバイス(Levi’s)」が、「Fight Stigma(偏見に打ち勝て)」というメッセージをコンセプトにしたプライドコレクションを発表。LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエッショニング)の象徴であるレインボーのロゴアイテムなどを発売。
「リーバイ・ストラウス財団」は、これまでに世界40カ国のHIV・AIDS関連の協会や組織に7,000万ドル(約77億円)以上の供与をしている。http://www.fashionsnap.com/news/2017-04-17/levis-pride2017/

<健康> 英王室が米歌手レディ・ガガさん(31)と英ウィリアム王子(34)が心の健康について語り合うビデオをフェイスブックに掲載。 ウィリアム王子夫妻と弟のヘンリー王子は、心の健康問題についての啓発キャンペーンを展開中で、ビデオはその一環。
http://www.cnn.co.jp/showbiz/35100028.html

<里親> 吉村洋文市長 「里親制度は、子供が里親の愛情を受けて育つための制度で、里親が性的少数者(LGBT)かどうかは関係ないという理解を広めていきたい」
http://www.sankei.com/west/news/170406/wst1704060076-n1.html

<里親> 厚生労働省 塩崎大臣会見概要
「同性カップルでも男女のカップルでも大事なことは、里親として育てていただく子どもさんのために愛着形成がしっかりなされ、そして健康で経済的にも安定している家庭の中で、子どもさんがしっかりと真っ直ぐ育っていることが大事でありますので、どのようなカップルであろうとそれが達成できれば我々としてはありがたいと思います。」
http://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/0000161271.html

<里親> 東京都だけが同性カップルを実質的に里親に認定しない基準を設けている。
https://mainichi.jp/articles/20170416/k00/00m/040/098000c

<経済>GAPのロゴが期間限定でレインボーに変身。 東京で4月29日~5月7日に開かれるLGBTイベント「東京レインボープライド」をサポート。
http://front-row.jp/_ct/17070371

<経済> 資生堂は、日本企業として初めて、UN Womenと契約締結、日本でジェンダー平等を推進するリーダーに http://www.jiji.com/jc/article?k=000000862.000005794&g=prt

───────────────────────────────────

● イベント・エンターテイメント情報 ● Event Entertainment ●

<音楽> 中国で人気急上昇、ポップグループFFC-Acrushは5人全員「ジェンダーレス、性別なし」
http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/03/this-boy-band-is-genderless_n_15772344.html?ncid=engmodushpmg00000004

<音楽> 歌手バリー・マニロウが、初めて自身がゲイであること、それにつき何十年も自ら語ることを避けていた理由、また男性との結婚について話した。 『ファンの反応は素晴らしかった。知らない人まで祝福してくれて、本当に感謝している。』
http://www.excite.co.jp/News/world_ent/20170406/Techinsight_20170406_371523.html

<映画> 「ぼくと魔法の言葉たち」 (2017年4月8日公開)は、自閉症の少年・オーウェンが自立する姿を追い駆けたドキュメンタリー作品
「一番大切なのは、自分たちのいる世界にオーウェンを戻そうとせず、彼のいるディズニーアニメの世界へと入って行ったことです。」
http://www.cyzowoman.com/2017/04/post_134627_1.html

<アート> 英国最大の現代美術館、テート・モダン美術館でQueer British Art展覧会が開催。1861~1967年の間に描かれたレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBTQ)に関連した作品のみを扱う。

英テート美術館、セクシュアル・マイノリティに関連するアートのみを扱った初の展覧会

<アート> 大友克洋がブリューゲル『バベルの塔』の内側描く 東京都美術館で特別公開。
http://www.cinra.net/news/20170417-ootomokatsuhiro

<映画> 9月公開。 自由気ままなプレイボーイが、ゲイの友人と男手2つで育児に奮闘する姿を描く映画『あしたは最高のはじまり』(原題:Demain Tout Commence) 2013年のメキシコ映画『Instruction Not Included』を原案としたコメディ作品。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2737439

<音楽> 中島美嘉が日本最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2017」にスペシャルライブ出演。「このようなイベントを通して、偏見や差別のない、様々な幸せの形を尊重し合えるムーブメントが広がっていくことを強く願っています」
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/50114/2

<ファッション> 米モデルで女優のローレン・ハットン(73)が、ソフィア・コッポラ監督が製作した新しいカルバン・クラインの下着のコマーシャルに登場。
http://jp.reuters.com/article/lauren-hutton-kelvin-idJPKBN17N0H6

<アート> アウトサイダー・アート/アール・ブリュットの芸術家として世界的に高く評価されながらも、日本ではほとんど知られていないアドルフ・ヴェルフリ[1864-1930]の、日本における初めての大規模な個展が東京ステーション ギャラリーで開催
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201704_adolfwolfli.html

<テレビ> エレンの”Puppy Episode” から20年。これから20年後はどんなことを感じているのでしょうか。”20-year flashback: Ellen DeGeneres came out, and paved the way for more gay TV roles
https://www.usatoday.com/story/life/tv/2017/04/26/ellen-degeneres-gay-coming-out-tv-20-year-anniversary/100888584/

<テレビ> リア・ミシェルのLGBT+や女性の権利に対する闘い http://front-row.jp/_ct/17070594

<映画> 台湾映画 ドキュメンタリー 「日常対話」ホアン・ホイチェン(黄恵偵)監督。監督自身とレズビアンである実の母親の関係を描く。
これは本当に見たい映画です。
http://japan.cna.com.tw/topic/column/201704220001.aspx#.WQKFyfsADeQ.twitter

───────────────────────────────────

● コラム ● Column ●

<ピンク考>

いろいろな花の色を目にするこの季節、偶然読んだELLE on line の記事 「ピンクが女の子の色になったのはいつ?」 に、米国でピンクが女の子らしい色になったひとつのきっかけが、1953年アイゼンハワー大統領時代にファーストレディが自身の好きなピンク色を着続けたことだ、とありました。 それをきっかけにメディアや小売店が「ピンクを女の子らしい色へ押し上げて、1957年公開の映画『パリの恋人』では、ファッション誌編集長がピンクを全面に押し出すシーンも展開されたそうです。(このシーン、残念ながら覚えていませんー)

日本でのピンクのイメージはどうでしょうか。 桜や桃の花、プリンセス、ドレス、戦隊ものヒロイン(ちなみにリーダーは赤であり、黒や青ではない)、女性用ユニフォーム、ピンクリボン、ピンクレディ。。。

個人的には、幼少期の服の色は紺やグレーが多く、ピンクを含む明るい色の記憶はありませんが、もし今、自分が小学生で色を選べるなら、ピンク色のランドセルも悪くないような気がします。 ピンクのランドセの選択肢が当時なかったみなさん、どうですか。

ランドセルを数色持ちして、その日の気分で色を変えられたらいいけれど、その場合ピンクを持つのは何曜日になるのか、アゲていく月曜日か、ノー残業デーの水曜日か、プレミアムフライデーか。小学生であることを忘れた妄想は止まりません。

枠の中にいるとめんどうなことが少なくて、楽に思えることが多い。でも、好きな色がどんな色だったとしても、そしてその色を選んだのがその場で自分一人だったとしても、その色をまとって鏡の前に立ってみたら、なにか新しいことが起きそうな気がします。

5月7日のパレードで、gossipのテーマカラーは空色です。 みなさんにとって、どんな印象の色ですか。 そしてパレードを歩いた人は、歩いた後にその印象は変わるのでしょうか、興味は尽きません。
では、思い出たくさんの大型連休になりますように。

タキタリエ

参考資料:ピンクが女の子の色になったのはいつ? http://www.elle.co.jp/culture/feature/why-Pink-has-become-girly170310

───────────────────────────────────
● 6年間の御礼とご挨拶 ● Thank you for the 6 years at gossip

『gossip代表 タキタから皆さまへ御礼とご挨拶』


───────────────────────────────────
◇ ブログとSNS
web gossip blog : http://gossip-cafe.com
web gossip facebook : http://www.facebook.com/gossipTokyo
web gossip twitter : http://twitter.com/gossipTokyo
───────────────────────────────────
◆ “web gossip” とは。

ゲイカルチャーカフェ”gossip”(東京・表参道2010年10月~2016年8月)

営業中に知り合った、たくさんの方たちと、ご来店の機会がなかった方たちとも、これからgossipを知ってくださる方たちも含めて、もっと多くの方たちに向けて、私の6年間のgossipでの経験が、なにかのお役に立てばいいな、立ちたいなと思い、名称を新たに”web gossip”として、主にSNSで発信と配信を再開します。今まで以上に楽しく役立つ話題をお伝えしていきます。ご期待ください。

◆ What is “web gossip”?

The first “gay-culture cafe”gossip”opened in 2010 and closed in 2016 in Tokyo, Japan.
Now we are back as”web gossip”, providing news and columns on culture, art, music, movies, events and more! Hope we can reach more and more people out there.
───────────────────────────────────
◆ このメルマガは、購読登録または、名刺交換などでご挨拶をさせていただいた方々に配信しています
───────────────────────────────────
メールアドレス変更、配信停止はこちらから