【コラム27】「お布施」/「Offering」 | web gossip

【コラム27】「お布施」/「Offering」

gossip ニュースレター vol.27/2014 12月配信

「お布施」

学生時代の友人が、仕事をしつつ、週に何度か『ガイドヘルパー/外出付添い(移動介護・通学通所支援)』をしていると教えてくれました。利用者への関わり方やコミュニケーションなど、いろいろ難しいことはあるけれど、ある瞬間にニコッと笑いかけられたり、距離が縮まったと感じられる瞬間、本当にうれしい気持ちになる、と。

でも、その反応が嬉しいから、もっと喜んでもらおうと思って、もっと何かをしてしまうと、そこは、もっとは喜んではもらえない、とも。

何年も前ですが、仏教関連の本を読んで、『人に対して何かをして”あげて”、相手から感謝(期待通りの反応)が無い場合、相手を責めたり見返りを期待するのではなく、『やらせていただいた』と思えば、気持ちが楽になるし、そうあるべきだ。』というような文章に出会いました。

改めて『お布施』という言葉の意味をあるお寺のサイトで調べてみると、『「与え合い」の行為のことであり、相手からの見返りや感謝を期待しない要求しないで、自らすすんで相対するお方に差し伸べる行為。そこにお金では買えない、計算できない尊い価値がある。』とあります。

子どもの頃、親から言われたセリフで、最も苦手だったのは『せっかく~したのに。』という言葉でした。『せっかくしたのに』『せっかくたくさん作ったのに』『わざわざ買いに行ったのに』『好きだって言ってたから~したのに。』などなどです。親が不機嫌モードでこのセリフを言えば、私も不機嫌になるし、悲しみモードで言えば、私は切ない気持ちになりました。

ガイドヘルパーをやっている友人の話のように、『”それ以上” 喜んでもらえなかった』のは、『”それ以上” 求める事が、自己満足だからだ』だと、常に気づけるように、高く広くアンテナを立てていきたいな、と思いました。そして、その友人からは後で、『友情第2幕の始まりだね』と、くさいセリフ入りのメールをもらいました。

では、次号もお楽しみに。
タキタリエ

【参考資料】
千葉県我孫子市・曹洞宗・観音寺/ http://www.kannon-ji.net/09_faq/index.html

– English –

「Offering」

Few weeks ago, i met one of my friends from school, and she told me she is doing “Guide Helper” who attends persons with disabilities on commuting or shopping etc. She was saying that it is not an easy job at all, but it is her joy and a privilege to face a big smile unexpectedly, or to feel when they became a little bit close.

However, when she does it more, expecting to get more smile or to be much closer, those actions get refused and she realizes what she did was too much.

Few years ago, i was reading some books about Buddhism, and learned a very good lesson. It was something like “it is not correct to expect someone to thank you when you do a favor for them. It is even worse to blame them when you get no reaction of what you were expecting from them. It is better to think this way. Thank you for letting me do this. It makes you feel easy and better. so it should be. ”

The word “O-Fuse, offering” has a meaning of “giving to each other for nothing, without expecting anything from the other, and it is your will to do an offering. It is a valuable action without calculating.”

When i was small, i hated it when my parent said “oh, i did it FOR YOU.”, or “i made this FOR YOU.”, and when i did not accept it as expected, her tone of voice became irritating which made mine irritting, and when it became sad, it made mine sad, too.

Talking with that Guide Helper friend, i remembered about the idea of “o-fuse”, and also it made me determine that not to fall into self-satisfaction when i do something for someone(especially someone close). It was a very nice reunion.

Thank you for reading.
Rie Takita

スポンサーリンク
広告s
広告s

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告s
広告s