【コラム25】「その気持ちにふたをしない」/「Never ignore what i first felt」 | web gossip

【コラム25】「その気持ちにふたをしない」/「Never ignore what i first felt」

gossip ニュースレター vol.25/2014 10月配信

「その気持ちにふたをしない」

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』”政府と製薬会社に一人闘いを挑んだ男の感動の実話” を見ました。

初めてエイズ感染の症例が米国で報告された80年代のある日、主人公のロンは病院に担ぎ込まれ、HIV陽性で余命は30日と宣告されます。
ホモ (*1) がかかる病気でオレ様が死ぬはずがない!間違いにきまってる!と、現実を受け入れることができないロンは、この新しい病気について猛烈に学び、安全であるにも関わらず米国内では未承認の薬の存在を知ります。そして世界中からその薬を輸入(密輸)し、必要としている患者の手に渡る有料会員制クラブ『ダラス・バイヤーズクラブ』が始まります。

酒と女と賭けロデオの毎日の主人公は、決して志高き活動家というわけではなく、かといってカネ、カネ、カネ、の拝金主義でもなく(クラブ会費は400ドルで薬代は無料)、薬を必要な人に届けるためには、病院で知り合ったトランスジェンダーのレイヨンに頭も下げてチームを組み、海外から薬を密輸するためにはウソも方便。何度オフィスに手入れがあってもまたやる。まだやる。

この映画で、一番興味を持った点は、主人公のロンを動かした、”なにか” です。
自身も投薬と点滴を続けながら、なぜそこまでやるのか。何のために。
自分たちが薬を手にしてよかったね、ではなく、自ら選んで政府と製薬会社、そして世間の偏見をも相手に闘う場所に立つ。誰のために。

1992年、脚本家のボーテンさんは、主人公のモデルとなったロン・ウッドルーフさんに実際に会い、いつか自分の話が映画になったらどう思うか訊ねたそうです。「もしそうなったら、ぜひ観てみたいね。あらゆる人に知ってもらいたいし、独自に学んできた政府のこと、医薬機関のこと、エイズのことを学んでほしい。やってきたことに意味があったんだと思えるといいな」と答えたそうです。

最初の診断を受けてから7年後にロンさんは亡くなります。一日一日生きているその事実が、その人の行動が正しいという証明になる。そんな人生を送ることは想像もつきません。

改めて、ロンさんを動かした”なにか” について考えてみると、それは「そんなはずはない」という気持ちだったのではないでしょうか。異性愛者の自分がエイズにかかるはずはない (*2) から始まり、まだ発見されたばかりの病気なのだから医者でも100%正しいはずはない、安全で有効な薬が誰かの都合で未承認のままでいいはずがない。人の命が軽んじられていいはずがない。

自分がの主張が正しいから、ではなく、そんなことがあってはならないから。

命を賭けて行動せざるを得なかったロンさんとは、もちろん立場は違いますが、それでも「そんなことがあってはいけない」と感じる気持ちに、ふたをせずに、生きていきたいと強く感じました。未鑑賞の方、アカデミー賞主演男優賞、助演男優賞を含む3部門受賞のこの作品をぜひご覧になってみてください。
タキタリエ

*1 ここでは敢えて「ホモ」という単語を使いましたが、この言葉は差別用語です。テレビや雑誌の見出しで目にしたり、当事者が使うことがありますが、避けた方がいい言葉です。
*2 当時は、俳優ロック・ハドソンがエイズを発症し、ゲイであることを告白し、同年亡くなったこともあり、エイズにかかるのは同性愛者、という間違った認識が浸透していたようです。

「Never ignore what i first felt」

i watched “Dallas Buyers Club” on DVD. The copy is “The true story of a man who challenged to the government and the pharmaceutical firm alone.”

Ron is a cowboy living in 80’s who loves girls, beer, and rodeo. He is not an activist with a vision, and he is not mammonish. He does not mind asking for a partnership to a transgender person whom he met in the hospital (to deliver the effective medicine to the needed, and he does not mind lying at the border and smuggling non-approved medicines. He starts membership club to deliver those non-approved ones to anybody who needs, and it is called “Dallas Buyers Club”.

Above is a very brief story and i ask you to watch DVD or check further on the web, but what i would like to talk about this movie is “what makes people move”.

After Ron is diagnosed as HIV positive and his life is only 30 days left, he started to study about the disease SO hard and his knowledge has increased as much as doctors. After he knows where to get effective medicine, he did not HAVE TO start the Club and just kept for themselves. He dares to stand not only against the government and big company, but also prejudice of the disease. (must have been much harder in 80’s with much less correct information)

Why does he choose to fight that way, and for whom is he fighting for ?

Ron died 7 years after the first diagnosis, and it means the each day he lived means he was right about how he chose to live, including what he learned about the disease and the medicine he chose.

I believe what made him move that way was very simple, he must have thought, “It cannot be so, and it should not be so.”

Starting with “i am not gay, and i cannot be HIV positive.”, (of course we know this info is incorrect now, but in the 80’s this was what many people believed), “Even doctors cannot be 100% correct especially with a new disease”, “Safe and effective medicine cannot be kept non-approved for somebody’s own interest.” “it cannot be right if anybody’s live is undervalued anyway”

I should not compare myself to someone who fought with the risk of losing his life, but after watching this movie, i am determined strongly that i should not ignore my first feeling of “cannot be so, and it should not be so.”

If you have not watched this 3 Academy Awards winning movies, please pick up DVD and watch. Let’s discuss when we have a chance.

参考資料/Reference:
公式サイト(日本語)http://www.finefilms.co.jp/dallas/
Official Site (English) http://www.focusfeatures.com/dallas_buyers_club

Thank you for reading.
Rie Takita

スポンサーリンク
広告s
広告s