【コラム20】「愛と正義とおもちゃの話」/「Love, Justice, and Toys」 | web gossip

【コラム20】「愛と正義とおもちゃの話」/「Love, Justice, and Toys」

gossip ニュースレター vol.20/2014 5月配信

「愛と正義とおもちゃの話」

私は幼少のころ、実写/アニメを問わずに変身キャラクターものが大好きで、寝る時はいつもぬいぐるみと一緒。プラレールも調理玩具も高価なので買ってもらえず、家の前でキャッチボールをし、風邪をひいた時に特別に買ってもらえるものには、少女漫画雑誌を選んでいました。
こうして改めて振り返ってみると、結構 ”ミックス” な趣味を持った幼少時だったなあ、と思います。

今年の1月、アメリカ・ノースカロライナ州の11歳の男子が、学校でいじめられたことが原因で自らの命を絶つ決心をしました。幸い、命は助かりましたが、脳に後遺症が残り現在もリハビリを続けています。
「マイリトルポニー」という、”女の子向け” のキャラクターを好きだったことが、いじめの原因だったそうです。

「マイリトルポニー」(my Little pony) は、アメリカの玩具メーカー「ハズブロ」が展開している玩具とアニメーションで、サイトに「レインボーパワー」と掲げているように、パステル調でキラキラしたポニーたちが主人公。1980年代に制作され、リニューアルしつつ現在まで人気は衰えず。ハマるオトナ達も多いそうで、日本では2013年からアニメーション放映が始まっています。

お話はといえば、ポニーや、ユニコーン、ペガサスも暮らす馬の国(ちなみにプリンセスによる統治)でメインキャラクターの数名(数頭)が、”友情の魔法” を学んでいる設定。邦題の副題「トモダチは魔法」は、原題の “Friendship is Magic” を直訳したと思われますが、意味としては「友情って不思議で素敵!」でしょうか。

オトナのファンには男性も多くいるそうですが、あえて女児向けと男児向けに分けるなら「マイリトルポニー」は「女児向け」。皮肉にも、友情について学んでいるポニー達を好きだったマイケル君は、学校でからかわれ、いじめられ、ゲイだともいわれて、耐えきれずに命を断つことを決めたのです。11歳で。

以前にご紹介した、ピンク色のシャツを着用していじめと戦おうという「ピンクシャツ・デー」も、ピンク色のシャツを着て学校に行った男子が、からかわれいじめられ、その事に心を痛めたクラスメートと先生たちが、自分たちもピンク色の服を着て、いじめにノーというメッセージを伝えるイベントでした。

スニーカーや文具、スケートボードなどのスポーツ用品は、蛍光色やパステル色や虹色が使われていても、好きで選んでいるこだわりのモノを持っていると扱われ、性別問わずに “カッコイイこと” になるのに、小学生の周辺にある商品は、男子はこれ、女子はこれ、という「くくり」が顕著な気がします。

例えばインターネットでおもちゃを買おうとすると、まずの分類は「男の子向け」か「女の子向け」。これはアメリカの大手玩具量販店のtoys “R” usも同様です。

男女の区分けのない選択肢を与えられた男児が、変身/アクション/スポーツ/ミニカー/ロボットなどを好きなおもちゃとして選び、また女児がクッキングやメイキング、きせかえやままごとのおもちゃを選ぶ事には、もちろん問題はありません。

しかし、親や教師やおもちゃを作り販売する大人たちが、「女児はこちらで、男児こちら」のように、子ども達におもちゃの幅広い選択肢を与えなかったり、男児がおままごとでお料理をする姿に「愛」を感じず、女児がアクションフィギュアで悪を倒す姿に「正義」を感じることができなければ、マイケル君のように何かに追い込まれてしまう子どもは、減る事がないのではないでしょうか。

まずは、オトナの意識が変わらなければ。
大人の意識が変わる事で、その意識は周辺の子どもたちにも影響し、マイリトルポニーを好きな男の子がいても別にいいんじゃない? なんでいけないの? と受け止める大人や子どもが増えていく、そんな風に思います。

「でも、やっぱり普通は男の子はままごとしないよね。。。」などと、なんでもかんでも「普通」という言葉をくっつけることで「くくって」しまうことがないように。またも自戒を込めてコラムを書きました。

このマイケル君とご両親をサポートし、いじめを止めよう!というキャンペーンが始まっています。
全米各地でタトゥーショップがポニーの図柄をデザインし収益を寄付したり、トニー賞受賞のミュージカル俳優、ローラ・ベナンティさんや、グラミー賞受賞のオペラ歌手、ジョイス・ディドナートさんたちが、『いじめと戦うブロードウェイ(Broadway Battles Bullying)』として、チャリティコンサートの開催もあるようです。<RT>

参考資料:

Parents Say 11-Year-Old’s Suicide Attempt Was Over Bullying ~ The boy was teased because he likes My Little Pony.| Advocate.com:
http://www.advocate.com/youth/2014/02/04/parents-say-11-year-olds-suicide-attempt-was-over-bullying#.U0ez_7GOMl4.twitter

Michael Morones.org http://www.michaelmorones.org/

Broadway Battles Bullying will benefit a new foundation paying tribute to Michael Morones, who attempted suicide after being bullied for his love of My Little Pony.
http://www.advocate.com/arts-entertainment/theater/2014/04/09/broadway-concert-benefit-bullied-youth#.U0eCogdyK05.twitter

Broadway Battles Bullying http://www.broadwaybattlesbullying.org/

HuffPostにて、タトゥーショップのサポートについて書かれたブログ。
Bullied ‘My Little Pony’ Fan Gets Support From Tattoo Parlor http://huff.to/1hQXEw6

マイリトルポニー公式 | ジャパンオフィシャルサイト
http://mylittleponyjapan.com/

My Little Pony | Friendship is Magic
http://www.hasbro.com/mylittlepony/en_US/

「Love, Justice, and Toys」

When i was a child, i loved transformation character, and i was never without my favorite toy bears. Toy trains and cooking toys were too expensive for our family, but i always wanted them. I used to play catch in front of the house, and i requested thick comics for girls when i was sick and allowed to ask one thing.
Looking back my childhood, i think my “tastes” were pretty much (well-) mixed with “boyish” and “girlish”.

January 2014, a 11-year-boy attempted suicide after being bullied because he loved “My Little Pony”, the animation. He survived but he suffers severe brain damage still now.

“My Little Pony” is an American toys and animation created back in 1980’s, and it still attracts many kids and adults, men and women (which they say rare in the U.S.) The newest animation is currently on air in Japan, Tokyo area.

The story is that there is a kingdom where ponies, unicorns and pegasus are happily living, and main characters, some ponies are studying “friendship magic” and life goes on… As it sounds, each pony has a strong character and depicted very colorfully.

It is OK for a boy to choose transformation toy or robot toy, and OK for a girl to pick up cooking toy or cosmetic when they are given the choices from ALL the categories. But when adults (esp. parents, teachers, toy makers, toy sellers) can not feel “love” on a boy playing with cooking toys, or “justice” on a girl playing with some action figures, I am afraid that the case like Michael can happen again, and again.

It is adults who should change their mindset first, then those changes will have a good effect on children’s mindset. Let’s hope to hear “What is the problem of Michael liking My Little Pony???” from both adults and children very soon.

And we should think twice before using the word “normally”, should we?

Some campagne have started to support Michael and his family. Some tattoo shops donate from their own pony design, and some musical actors and Opera singers have a concert called “Broadway Battles Bullying”. Please check if you are interested in.
Rie Takita

スポンサーリンク
広告s
広告s