【コラム15】「幸福は徳である」/「Happiness is Virtue」 | web gossip

【コラム15】「幸福は徳である」/「Happiness is Virtue」

gossip ニュースレター vol.15/2013 12月配信

「幸福は徳である」

フランスの哲学教師アランが、1906年から書いたプロポ(哲学断章)「幸福論」の一節です。

と書き出しましたが、私は哲学を勉強したことも専門書を読んだこともありません。でも簡単な本や解説書を読んだりするのは好きで、今回はNHKテキスト「100分 de 名著」と日経ビジネスオンラインの特集で「アランの幸福論」を知り、年内最後のニュースレターで、お正月っぽく(でもないですか)ご紹介することにしました。

「アランの幸福論」とはどんな本かというと、『健全な身体によって心の平静を得ることを強調。すべての不運やつまらぬ物事に対して、上機嫌にふるまうこと。また社会的礼節の重要性を説く。』だそうで、なかなかポジティブ。「上機嫌」という訳がとても良いです。

有名な一節に「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ。」や、スピノザ『エチカ』から引用した「幸福は徳である。」などがありますが、以下、勝手に解釈してまとめてみると、『自分が幸福になることは、他人にとっても幸福であり、自分が幸福になることは、他人の幸福を望んでいないこと、にはならない。』と、「自分肯定」があり、『基本、人間は不機嫌な生き物なので、意識しないと幸福にはなれない。幸福とは “意思と統御” によるものだ。』と、「積極的・自分幸福肯定」があり。
とにかく「幸せOK、幸せであれ!」と一貫しているのです。

では “意識して幸福になる” とはなんぞやと思えば、『つまらない芝居を見ると退屈する。しかし自分が芝居に出る時にはつまらない芝居でも退屈しない。だから幸せになりたい人は舞台に上がらなくてはならない。』だそうです。なるほど、なるほどー。
そして。 例えば、 “幸せボケ” や “いいねえ、幸せそうで” という言葉が決して人を誉め讃える言葉でないように、また例えば、”高尚” な考えや作品は、厳しい生活環境や悲しみを耐え越える事で生み出される気がするように、「幸せ状態が否定される」場面に出会う事が多々あります。

私の周辺でも、結婚、出産、昇進、試験や試合の結果など、おめでたいことなのに、同僚や知り合いに言いづらい、だから報告会やお祝いは内々で、という声を何度か耳にしてきました。他人からの否定的な声に配慮して、こちらの “嬉しい気” を抑えてしまうなんて、なんとモッタイナイのでしょう。
そんな時にはアランの「幸せOK!」を思い出すことにします。

一年前に書いた「2013年今年の抱負」を読み返してみたところ、そのときも私は「幸せ」について触れていました。どうやら年末年始は「幸せ」について考えるモードのようです。

では最後に、幸せ指南のアランさんに締めていただきます。
『人は望まない限り、幸福にはなれないということである。だから、幸福を欲しなければならない。そして幸福を作り出さなければならない。』

今回が年内最後のニュースレター配信になります。今年もありがとうございました。たくさんの方に支えていただき、暖かい言葉をかけていただいた一年でした。感謝の気持ちでいっぱいです。

年内の営業は本日29日まで、年始は1日~3日は毎年恒例のショートスタッフ時短営業をします。詳しくはブログをご参照ください。
では、暖かく幸せな年越しを!
gossip
タキタリエ

参考資料:

名著07 アラン『幸福論』:100分 de 名著
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/07_bonheur/
毎日読むアラン『幸福論』:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/book/20120330/230401/
幸福論 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/幸福論

—– English —–

「Happiness is Virtue」

In this column, I quoted several lines from “Eudaemonics by Alain”, and it is a bit tough for me to translate those lines into English (sorry-).
So this time i decided to “write in English”, instead of “translate” my Japanese above. but well, this often happens to me, i know i know. Here we go.

When i was checking Nikkei Business on Line, i found out some article introducing “Eudaemonics by Alain”. I was so fascinated by those simple way of thinking about “happiness”, and so i went to a book store to get a description book about this”philosophy book” which is an ABC book by NHK TV.

The most interesting part i see in this “Eudaemonics” is that the author totally denies the following idea saying “Happiness is Virtue.”. The idea he denies is “Being unhappy creates more excellent work or better idea, and people who is happy does not think deeply.” which we tend to think still now.

He says “Being happy makes other people happy, and wanting to be happy does not mean you do not care about other people’s happiness.” “We must be happy, it is our duty. And we must act intentionally to be happy. How intentionally? Suppose you are watching a dull drama, but if you get an role on the stage, the drama becomes interesting. So you need to be up on the stage to feel happiness.”

I understand much better when i think this way. “Being unhappy makes other people unhappy”, so why not.

In the past some people actually told me that they hesitated to share their happiness with others, because some people showed their obvious envy and jealous which they can not take it. I used to tell them to ignore them and not to get bothered by those unhappy remarks from those unhappy people, but now i can tell them “Just be happy, as it is your duty.”

Last night I looked back my new year’s resolution for 2013 i wrote a year ago, and i was writing about “happiness” that time, too! I guess year-end is my time of the year to think of “happiness” mode” for some reason.

Thank you for sparing your time reading this News Letter this year, especially this English version. I know i should spend MORE time checking the grammar and spelling and etc., but i do hope my English column makes sense to you all and hope you enjoy reading it.

This will be the last issue of the 2013. “Happy” holiday season and see you at gossip with “Happy” faces !

LOVE,
Rie Takita

スポンサーリンク
広告s
広告s