【コラム13】「お母さんと娘さんからのメッセージ」/「Happy Moment with a mother and a daughter」

gossip ニュースレター vol.13/2013 10月配信

「お母さんと娘さんからのメッセージ」

先月、とても嬉しいことがありました。女性二人のお客さまが店内や本棚を興味深そうに見ていたので、よければ “gossip Note” にメッセージを書いていってください、とお願いしたところ、そのお二人は東京に住んでいる娘さんを訪ねてきたお母さまと、その娘さんだったのです。

お二人がお帰りになった後に少し経ってからNoteを読むまで、お二人の親子関係については分からなかったのですが、「…..地方にもこんなお店があったらいいですね、とても平和な気持ちになります…..」と、お母さまの方が書いてくださり、スタッフと何度も何度もそのメッセージを読み返しました。

先週、”gossip は三周年を迎えました。開店当初から見守ってくださっているお客さま、最近知ってくださったお客さま、また東京に来たときに立寄りますね、と帰り際に声をかけてくださるお客さま、そして私たちスタッフの友人たち。たくさんの方たちに支えていただきながら、無事に3年が経ちました。

2010年の開店時に記したことを再々掲載します。こんな気持ちで始めたので、先ほどの母娘のお客さまが来てくださったこと、そしてNoteに書いてくださったことが、とてもとてもとっても嬉しかったのです。

『”gossip” を作りたいと思った理由を書きます。 ヤングやキッズの中には、自分の性認識が原因で将来を悲観し、彼らの自殺率は平均より高いというレポートがあります。セクシャリティが人と違う事だけで、どうしてそんなマイナスな人生を送る事になるのでしょうか。「そんな事は気にならないし、気にしない。偏見無く、特化せず。どんな人も同じ空間で過ごしている」そんな「普通な場所」があって良いと思ったのが最初です。
大切な事はセクシャリティより、パーソナリティ、とあたりまえに感じている人がこんなにいるんだ、と安心できる場所。そんなヤングやキッズが、親類縁者や親御さん、ご友人と堂々と行ける場所。そして親御さんも安心できる場所。 これが「普通」でかっこいい大人達の集まる gossip のありたい姿です。』

これからも初心を忘れず、変化を恐れず、前に進んでいきます。
よろしくお願いいたします。
2013年10月吉日
gossip
タキタリエ

「Happy Moment with a mother and a daughter」
Last month we experienced very happy moment here in “gossip”. We had 2 customers who seemed very interested in our book shelf and in gossip.
We asked them to leave a message in our “gossip Note”, and after they left we learned that they were a mother and a daughter, a mother who came to visit her daughter in Tokyo.

In the Note, it was the mother who wrote “…..if we have this kind of place in our local area, we can feel at peace…….”
We are so happy to receive this message, especially from the mother, and we read it over and over and over.

Last week we had the 3rd year anniversary day. Since the opening, we have been supported by various types of customers and friends, who constantly give us the power to move on. Thank you very much. We really appreciate it.

Following is what i wrote before opening “gossip” in 2010.
That is the reason I was incredibly happy with the visit by that mother and the daughter.

“One of the reasons that i wanted to make “gossip” is that they say the suicide rate among LGBT youth is higher than the average. How come they have to suffer and lead the tough life only because their sexuality is different from other people.
There must be a place where various people share the same space, time, and sometimes conversation, where i call it as “an ordinary place”. The place where people believe “personality > sexuality”, and the place where you want to bring your family and friends to, and the place your family and friends also feel comfortable. This is what i want “gossip” to be.

We will keep on moving forward, not fearing the change, without forgetting the very first intention from 3 years ago.
Thank you,
Rie Takita