【コラム12】「インプットとアウトプット、吸収すること、発信すること」/「Inputting and outputting. absorbing and voicing」

gossip ニュースレター vol.12/2013 9月配信

「インプットとアウトプット、吸収すること。発信すること」

インプットの方法には、いろいろな形があるかと思いますが、先日こんなインプットの仕方もあるのか、ユーレカ! と思ったことがあったので、コラムに書きます。

今まで思っていたのは、インプットしたい事がまずあり、その目的で関連書籍を読み、人と話して調べる方法。
もう一つは、日常の行動を通して、結果いいインプットが得られる時。例えばメディアや人との雑談を通して、その瞬間や後になってからすごく良い吸収だったなあと思うこと。

そして今回発見した(大げさ)第三の方法とは、偶然偶発的に経験したことからのインプットです。ええ、ええ、それは普通の事で新しくなんかないと思われるやも知れません。が、あまりに偶然が重なったことからの発見は、それゆえ出会わなかった確率がとても高く、かつ、得られたインプットが意外で多様なほど、その偶然への感謝と喜びは天井知らずに高くなる経験があったのです。(大げさ)

その夜、早帰宅と早就寝を心に誓って帰路についたまさしくその夜、なんとなくつけたテレビには、ニコール・キッドマンの美しいアップが映っていました。番組表を確認するとその映画は『毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』。30分ほど前に始まったばかりで終了予定は深夜遅くでした。タイトルを聞いた事がある気がしたのは、”毛皮のマリー” を連想したからで、まったく知らない映画でした。そして共演は(初期の作品を)敬愛するロバート・ダウニー Jr.(RDJ)。最近はロボットを着用しているようですが、才能あふれる愛すべきダメダメ男さんです。

映画の内容と感想は別の機会に書こうと思いますが、早めの帰宅、偶然つけたテレビ、N.キッドマンの端正なアップ、RDJの強烈な風体と特殊メイク、freaks という言葉、実在した写真家の話。そして見逃した最初の数十分。いろいろな要素がちくちくと気になり、結局最後まで鑑賞しました。

「いったい誰がフリークス(freaks)なのか。映画の中と、映画の外。」「ついに解放されたと安堵したその場所で、また囚われていく心理。」「写真を撮ること、写真を撮るために歩き回っていた頃、その時感じていたこと」そして「久作、乱歩、見世物小屋」と、浮かぶ考えはまとまらずにぐるぐるし、良い意味で、”to do リスト” が増えたようなインプットとなりました。

落ちている葉っぱを気にしたり、偶然飛んできた葉っぱを拾うことも忘れないようにしていきたいと思います。なにか発見があるやもしれませんし、すてきな栞になるやもしれませんから。
では。そんなに間を空けない予定の次回の配信をお楽しみに。
タキタリエ

– English –

「Inputting and outputting. absorbing and voicing」

The other day late at night, i happen to watch a movie “Fur – An Imaginary Portrait of Diane Arbus” by chance.

That night, we finished work a bit early, so i planned to go home early and sleep longer for one or two hours. Entering the room, i switched on the television just to check the time, and what i saw was a closeup of beautiful Nicole Kidman. She was talking to a guy with a strange hand-made mask, covering his entire head. I tried to see who the actor in the mask, from his eyes, but i could not tell only from his long eyelashes.

I checked the program listing and found out the movie title, the brief story and the actor is my favorite Robert Downey Jr. I did not know about the movie at all, but i instantly became so interested in and it was almost 3:30 a.m. when the movie was done.

My plan on that night was totally changed. If i did not switched on the television, If I arrive home 5 min later, If i made a phone call instead, If i turned on the radio instead, etc. Yes, this kind of things happen almost every single day. But when i felt i “input/absorb” so many unexpected idea from those experiences that was not planned at all, i feel i am so so lucky and the joy is almost maximum.

How do we “input” new idea. You can do research when you know the target, and sometime there is a good “input” from your daily life.

What came to my mind on that night after the movie was so various, “who actually is the ”freaks” in the movie and outside the movie”, “being trapped by the place where you thought you finally are released”, “the meaning of shooting a photograph, the time when i personally was walking around the town to take a photo, and what i was feeling that time”, “the world of Yumeno Kyusaku and Edogawa Ranpo, the novelist” My brain was full with those ideas and felt like i got too many to do list in a good way.

So I really enjoyed this unexpected “input”, and now wonder if my “output” can surprise somebody out there. See you at the next column, which we plan (want) to deliver shortly.
Rie Takita