カナダ国歌が、ジェンダー・ニュートラルに! | web gossip

カナダ国歌が、ジェンダー・ニュートラルに!

カナダの国歌「オー・カナダ」の歌詞の一部を、ジェンダー・ニュートラル(性的に中立)な言葉を使った歌詞に変更する法案が可決されました。

“replacing “in all thy sons command” with “in all of us command” as part of a push to strike gendered language from O Canada.”

” all thy sons” から ”all of us” 、”息子たち” から ”私たち”へ。

「オー・カナダ」が正式に国歌になった1980年以降、同様の法案が12件提出されていたそうですが、2016年に提出された法案が今回ついに可決。トルドー首相の存在が光りますね。

誰のための歌なのか、そしてどんな時に歌われるのかも考えると、歌う人も、聞く人も、自分のことだと感じることができる歌詞に変更していくのは当たり前のことだと思います。おめでとうカナダ!

参考資料 / ref:
‘In all of us command’: Senate passes bill approving gender neutral anthem wording   http://www.cbc.ca/1.4513317

2010年の記事です。「国歌「オー・カナダ」の歌詞変更を検討」 http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2010-03-05

スポンサーリンク
広告s
広告s