プライドってなんだろう。プライド月間に向けて | web gossip

プライドってなんだろう。プライド月間に向けて

6月はプライド月間(Pride Month)です。

毎年6月は、LGBT+(性的マイノリティ)の人たちが誇り(プライド)を持って生きていけるように、改めて人権、多様性、不平等などについて考える期間です。

例年、特に北米では多くの企業や団体が、6色の虹色をあしらった商品やグッズなどを発表することで、LGBT+へのサポートを表明し、各種イベントも多数開催されています。今年はどの企業がどんな事をするか、これからだんだん発表されると思います。楽しみですね。

さて、プライド月間の「プライド」はどんな意味があるのでしょうか。

辞書をひくと、プライド → 誇り → 名誉 → 価値があると認められること。とあります。

性的マイノリティであることを、自分で恥ずかしいことだと思い、それゆえに何々をすることはできない、何々は無理に決まっている、どうせ自分なんか、と自分を否定的にとらえてそんな自分には価値がない、と思ってしまうことはありますか。

もしそんな風に思ってしまう人がいたら、この時期こそ、まずは自分で自分の価値を認めてあげてください。だって価値を認めること → 名誉 → 誇り → プライドを持って生きる!に繋がるのですから。

でも、自分にはどんな価値があるかって? そりゃあ、たくさんありますとも。

それはまず今日も生きていること。エライ!
ごはんをきちんと食べたこと。エライ!
人や生き物に優しくしたこと。エライ!
途中であきらめたり、途中で止めなかった人。すごくエライ!
もっともっとあると思いますがまずはここまで。

そして、私たちのプライドを傷つけるような(=私たちには価値が無い、と思わせるような)、態度を取る人からはできるだけ離れていたいですね。
もし実際に離れることが難しい場合でも、心の底にある気持ちだけでもがんばって離しておけば(=相手の行動や発言にいちいち惑わされずにいることができれば)気持ちが傷つけられることは減るし、いつかきっとその人と離れる、その時が来るはずです

ハッピープライド月間!
タキタリエ

参考資料:
テイラー・スウィフト、LGBTコミュニティに愛とリスペクトのメッセージ https://www.barks.jp/news/?id=1000155900

How Brands Are Showing Support For Pride Month http://www.alistdaily.com/lifestyle/pride-month-2018/#.WxYy4OGEnlo.twitter

日テレ『映画天国』「プライド月間」にLGBT特集『ヘドウィグ』など放送  https://news.mynavi.jp/article/20180521-633993/

スポンサーリンク
広告s
広告s