書籍「世界を変えた50人の女性科学者たち」 | web gossip

書籍「世界を変えた50人の女性科学者たち」

先日、偶然立ち寄った小さな書店で、気になっていた本を見つけました

世界を変えた50人の女性科学者たち」(創元社)

パラパラ見たら、予想通りの楽しい本!

公式サイトにあるように、差別や競争にさらされながらも、STEM=科学(Science)技術(Technology)工学(Engineering)数学(Mathematics)の分野で世界を変えるような輝かしい偉業を成し遂げた女性の科学者たち50名が、それぞれその人たちにぴったりのカラーとデザインで紹介されています。

店内には同様の本が何冊かありましたが、手にして楽しい本はやはりこの本が一番でした。デザインに統一感があるということは、本自体が読みやすくなるだけでなく、次のページへの興味が増すという感じで、積極的にページをめくりたくなるものですね。

ちょいとひとこと、タイトルについて書くと、この本の原題は「Women in Science: 50 Fearless Pioneers Who Changed the World」なので、邦題から “fearless pioneers” の部分が省かれています。これはとても残念。文字数とか語呂とか諸般の事情は多々あるでしょうけれどもぜひそのまま使って欲しかった単語です。

“fearless” は「怖いもの知らず」などと訳されることが多いですが、私がこの単語に持つイメージは「無謀で大胆」ではなく、そのfear(恐れ)を充分理解しているが恐れることなく行動すること、まさしくこの本で紹介される科学者たちを表す言葉なのです。これだと思う日本語訳の単語が見つかりませんが、敢えて選ぶなら「勇敢な」でしょうか。

と、茶々をいれましたが、こんな時代にこんな分野にこんな人がいたんだ、と知ることができる、とても楽しい資料絵本、ビジュアルブックです。きっとこれから何度も読み返す本になるのではないか思います。ご興味あればぜひチェックしてみてください。

タキタリエ

スポンサーリンク
広告s
広告s