道路工事をするドミノ・ピザ | web gossip

道路工事をするドミノ・ピザ

「道路がでこぼこだと、配達ドライバーが危険な上に、ピザのトッピングも崩れてしまう」それを解決しようと、米ドミノ・ピザが 特別サイト を作り、今までに行った4つの街の補修工事のレポートとともに、補修が必要な次の街を募っています。

工事が終わった後に道路上に残されるドミノ・ピザのロゴマークさえ気にしなければ(ずっとは残らないだろうし)、行政サイドも、企業がお金を出して地域の道路補修をしてくれるならありがたい、といったところでしょうか。

この企画がすばらしいのは、地元住民が抱えている問題(道路がでこぼこで危険)と、自分たちが現場で抱えている問題(商品デリバリー時にでる支障)が同じであることに気づき、問題そのものに目を向けたことだと思います。

今までなら、「ピザが崩れやすい」なら「ピザが崩れにくいシステムを考えよう。デリバリー車の改良やトッピングの見直しはどうだ」のように、ついつい「対処」になりがちなところを、「ピザが崩れやすい」のは「どうしてだろう。道路に原因があるからだ」と、問題そのものに目を向けたことで、自社のためだけでなく社会的にも大きな意義のある「解決」に繋がったのですから。

自分たちだけのために、ではなくて、他者のためにも、ですね。

そして、常に「そもそもの問題はどこにあるのか」を忘れないでいたいものです。

参考資料:

Domino’s branded potholes appear after pizza company takes to road repair 

ドミノ・ピザ、道路の補修工事に乗り出す。「ピザの安全のため…」取り組みに反響

スポンサーリンク
広告s
広告s