【読書】「日本型組織の病を考える」村木厚子著 | web gossip

【読書】「日本型組織の病を考える」村木厚子著

いわゆる 「郵便不正事件」が起きたのは2009年。この事件が報道された時のことはよく覚えています。「逮捕」「証言」そして「冤罪」。こんなことがどうして起きるのか、いったいぜんたいどうなってるのか、と首をかしげっぱなしの事件でした。

今回「日本型組織の病を考える」を手にしたきっかけは、村木厚子さん自身があの事件の顛末をどう語るのかの興味津々マインドだったことは事実なのですが、読み始めてみると、過去の事件そのものよりも、あの事件のことをこんな風に考え、その経験をあんな風に発展させ実際に展開することができるものなのかと、深く感動すらしながら一気に読んでしまいました。
転んでもただでは起きぬ姿、否、あんなにひどく転ばされても、決して視線が内向きにならずに、常に外と先を見てフラットに考えることができる姿に「すごい人だ」の感想しかございません。

日本初の「セクハラ研究会」を各所から反対を受けながらも柔軟に(ここ大切)動いて作り、障害者政策に尽力し、拘置所で見た少女たちの姿に「公的支援はJKビジネスに負けている」と、少女たちを支援する「若草プロジェクト」を立ち上げる。一貫した姿勢で活動を主導する姿は、書籍公式サイトのコピー「諦めずにこの国を変えるために世に問うた渾身の」の言葉通りだと思います。

「公務員の仕事とは」、「NPO、研究者、企業、行政それぞれの役割」など、幅広くたくさんのことを知ることができました。またぜひすぐに読みたい本です。上記ワードに少しでもご興味ある方はぜひぜひ手にしてみてください。

公式サイトより:
『公文書改竄、セクハラからパワハラまで……繰り返す不祥事の本質は何か。なぜ日本型組織では、同じような不祥事が何度も繰り返されるのか? 2009年に自身も「郵便不正事件」で検察による冤罪に巻き込まれた村木氏が、この病理に対して初めて口を開いた。

どうして、当時の検察は証拠を改竄しなければならなかったか? あの経験を踏まえ、頻発する公文書改竄やセクハラ、パワハラなど日本型組織の不祥事を「建前と本音」というキーワードで読み解いた時、何が見えてくるのか?

さらには、冤罪のち厚生労働事務次官まで務めたからこそ知ることのできた、硬直化した日本型組織を動かす「静かな改革」とは? 退官後も「若草プロジェクト」などで世直しを続ける村木氏が、諦めずにこの国を変えるために世に問うた渾身の書。』

スポンサーリンク
広告s
広告s

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告s
広告s