"gossip" とは、原点 (about) | web gossip

“gossip” とは、原点 (about)

現在は ”web gossip” として、SNSやブログで日々発信しています。

————————————————————————————–

2016年8月末にgossipを閉店しました。長年のご愛顧をありがとうございました。
心からお礼申し上げます。

『gossip代表 タキタから皆さまへ御礼とご挨拶』 http://gossip-cafe.com/archives/8083 —————————————————————————————
————————————————————————————–

『新ジャンル。飲めるゲイカルチャーカフェ』

“gossip” とは、「ゲイカルチャー」「アートなセクシャリティ」そして「多様性」をキーワードに、独自のフィルターを通して選んだ書籍と真空管アンプのある、『食事空間 兼 書店』です。アルコールは明るい昼から、香り高いコーヒーは夜遅くまで。
文化的高感度な老若男女のみなさまに、気持ちのよい時間を提供します。

“gossip” is cafe, bar, and bookstore, with good music on custom made tube amplifier. We host/have some event related with art, books, LGBT and more. Nationality, sexuality, age, does not matter, needless to say!

【原点。】

『原点。セクシャリティよりパーソナリティ。』
“gossip” を作りたいと思った理由を書きます。 ヤングやキッズの中には、自分の性認識が原因で将来を悲観し、彼らの自殺率は平均より高いというレポートがあります。セクシャリティが人と違う事だけで、どうしてそんなマイナスな人生を送る事になるのでしょうか。「そんな事は気にならないし、気にしない。偏見無く、特化せず。どんな人も同じ空間で過ごしている」そんな「普通な場所」があって良いと思ったのが最初です。

大切な事はセクシャリティより、パーソナリティ、とあたりまえに感じている人がこんなにいるんだ、と安心できる場所。そんなヤングやキッズが、親類縁者や親御さん、ご友人と堂々と行ける場所。そして親御さんも安心できる場所。

これが「普通」でかっこいい大人達の集まる gossip のありたい姿です。
(2010年の gossip 開業前に書いていたことを転載しました)

【名前について。】

* 辞書での意味は「ゴシップ、噂、うわさ話、おしゃべり」等々
* ”g” の濁音の響きと、gの字面が良い
* ”Obvious Gossip”
* 呼ぶときは、”ゴシップカフェ” ではなくて “ゴシップ”
* 書くときは、アルファベットの小文字で “gossip”

【本棚。】

自慢の大本棚です。色が良いです。数十年後には相当の高値がつくだろう、といわれた棚です。
そんな本棚に取り揃えますは、「ゲイカルチャー・セクシャリティ・多様性」をキーワードに、アートや写真集などのヴィジュアル本、文芸書、ノンフィクション、洋書、洋雑誌、コミック、サブカルチャー、新旧大小の文庫本まで。本の種類の縦割りではなく、キーワード/タグで選んだ横の繋がりは、新刊、古本を問いません。加えまして、アナログ盤、CD、DVD等のオーディオヴィジュアルも扱います。

イメージしたのは、海外、NYなどで見かける専門書店。この分野における日本初の実店舗として、邁進します。

※命名! 本棚の色は “gossip green” といたします。
2010年9月吉日(更新2015年3月)

チラシ2015表 チラシ2015裏
(チラシ)

AD_LGBT_cs2
(ショップカード)

ブックエクスチェンジSSOPNE表

スポンサーリンク
広告s
広告s

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする